ハイヤーの乗務員はどのような人ですか

ハイヤーの乗務員は会社によって差がありますが、年齢性別問わずさまざまな人が在籍しています。ハイヤーを取り扱っている企業で大きな企業になると数百名以上の乗務員が在籍しており、そこには新卒から中途採用のメンバーなどさまざまいます。ハイヤー会社によっても色があると言ってもいいでしょう。

ハイヤーの乗務員になる場合、新卒の場合は大学卒業であることがほとんどです。普通免許は18歳で取得可能ではありますが、語学力が重要視されているため多くは文系の英語をはじめとする語学関連の学部卒の割合が高くなっています。とはいえ、募集要項には学部の指定はされていないため、理系であってもチャレンジできるでしょう。語学力を生かして、最高のサービスを提供したいという人に向いている仕事です。理系であっても英語が堪能であり、留学経験があり語学に自信のある人もいます。もちろん、採用後には語学研修もあるため、本格的な研修で語学力を発揮しましょう。英検であれば2級程度を持っていると、海外の人との日常会話レベルはスムーズにこなせますし、ニュアンスから相手の話を聞き取ることができると言われています。これ以上の英語力があれば会社側から喜ばれますし、外国語がいくつか話せるのであれば重宝されます。特に中国と韓国からのゲストが多いため、少しずつ学ぶ姿勢が必要です。

接客スキルをはかるのに必要な資格と言えば、秘書検定でしょう。より実践的な接客スキルは研修や実際の業務で覚えていくことが多いのですが、肩書として秘書検定を持っていることが望ましいです。こちらも大卒であれば2級もしくは準1級を取得するようにしたいです。

さまざまな資格がありますが、持っておいて損はありませんし、実際のハイヤー乗務員としての仕事がスムーズに運ぶでしょう。しかし、最終的には乗務員がどのような人物なのかが重要視される場面が出てくるものです。これは、イレギュラーな場面や気遣いを求められる場面がどうしても出てくるためであり、海外の人を相手に仕事をする機会も多いため、マニュアル通りの対応だけでは追い付かないことがあるからです。ハイヤーの乗務員はこのように運転技術や語学力や接客スキルがあるだけではなく、人としての気遣いやコミュニケーション能力といった個性を発揮できる人物が在籍しています。ゲスト側からすると、ハイヤーに乗車している時点で命を預けていると言っても大げさではないため、安心してお任せできる人物がそろっています。