ハイヤーの乗務員が行っている研修

ハイヤーの乗務員はどのような研修を行っているのか、ハイヤーに乗車すると気になることでしょう。ハイヤーの乗務員に必要なスキルは高いものが求められており、主に運転技術と語学力と接客に関するスキルです。これらすべてを網羅していないと、最高のサービスを提供することは難しいと思われます。より高度な研修を行うためには自社で行う研修だけでは足りない可能性があるため、より実践的で最先端の研修を行うことを基本としています。そのため、プロに依頼しており、専用の練習場で実践的な実習を行う場合もあります。

セイフティマインドを身につけるための研修もあり、安全面や運転技術の向上をはかります。ハンドル操作の正確さはもちろん、スムーズで慣れた運転、運転中に起こりうるイレギュラーな事例に対してとっさの判断ができるような研修も行われます。ハイヤーの乗務員は普通自動車免許だけではなくそれにプラスして二種免許を取得しているので若い乗務員であっても運転技術は高いものがありますが、免許を取得するだけでは得られないものを研修で補っていくのです。

実践的な研修だけではなく、座学研修もあります。こちらも外部の方に依頼しているため、最先端の研修が受けられます。主に危険予知能力向上トレーニングの実施であり、事故発生のデータや事例を使ってのものです。また、実際のドライブレコーダーを使って、運転時の危ない場面なども検証していきます。このように実践的で最先端の研修を行っていますが、それと同じように大事なのはメンタルヘルス関連です。事故を起こした際の精神状況の解析をしていくことで、今後の事故防止や危険回避につなげます。さらに、メンタルヘルスは普段の健康状況をはじめ、労働環境なども影響してくる部分です。それらに問題が起きていないかについても大事なおことなので、カウンセラーに相談できるような仕組みが取られています。運転をすることは集中しないとできないため、精神面が影響しやすいです。普段からより高いパフォーマンスを発揮できるように会社全体でバックアップしていきます。

慣れない乗務員には先輩乗務員が同行しており、問題点などをいち早く把握し、それを伝えることでより成長できるような仕組みが取られています。研修後に新人がひとりで業務を行うわけではないため、ゲストから見ても安心できるでしょう。東京近郊の地理は入り組んでいて難しい箇所もあります。そのような地理に関する問題点も同時に解決していきます。