ハイヤーは主にどのようなときに利用されるもの

ハイヤーを利用した経験がない人から見れば、どのようなときに利用するものなのかという疑問があるでしょう。現在、ハイヤーの利用は型にはまったものではなくなって来ており、これまでの印象とは違うものになっています。これまでのハイヤーはひとことでいえば、要人やセレブの送迎の役割が主でした。現在でも要人やセレブの送迎としての役割がある一方で、新しい業態ができつつあります。それは、送迎という枠を超えたものであり、観光やサプライズという企画に添った利用方法です。

ハイヤー会社そのものが東京をはじめとする大都市に多く存在しています。人口も多く、海外からのゲストの多い場所に会社があるので観光も東京近郊になることがほとんどです。主に利用されるのは、海外からのゲストと日本人の場合は地方からお見えになるご家族です。海外からのゲストが東京近郊を観光するときにハイヤーを使うのは自然な流れであり、複雑な路線図が分かりにくいため、迷子になってしまったり、トラブル時に言葉が通じない可能性を回避したりするためにです。日本人であっても、普段使わない路線を使うときは心配になることもあるため、外国人がハイヤーを利用するのは当然でしょう。さらに、観光案内もしてくれますし、外国語も堪能であるため安心感が違います。最近増えているのが、行きたい観光地をピックアップし、それに基づいて完全オーダー型の旅行プランを作ってくれるというものです。これは半日程度の利用から複数日の利用ができます。日本の情報に精通した乗務員だからこそできるプランニングです。

サプライズも同様で、どのようなサプライズを誰に行うのかについて打ち合わせをしっかり行うことで、満足のできるサプライズを行います。家族間や友人間で行われることが多く、なかにはプロポーズで利用するという男性もいます。人生の節目でハイヤーを利用する人も増加中です。

このような現代らしい利用の仕方がある一方で、これまでどおりの利用方法も根付いています。空港への送迎や社用車として役員送迎や取引先の挨拶回り、さらにゴルフ場や冠婚葬祭の送迎というような団体の送迎なども変わらず行われています。地方の修学旅行のグループでの自由行動に利用されることもあります。都会で迷子にならないためにも安全です。また、最近増えている車を持たない家庭が家族旅行をする際への空港への送迎も増えているようです。あまり使わない車両を維持する費用を考えると、たまの利用でハイヤーをオーダーする方がリッチな気分も味わえそうです。