ハイヤーを取り巻く環境と今度の展開とは

ハイヤーを取り巻く環境と今度の展開とは

ハイヤーサービスとはゲストを目的地まで運び、かつホスピタリティを大事にしたサービスが展開されているものです。現在、送迎に留まらず、ハイヤーを使った多彩なプランが企画されています。過去のハイヤーの印象を持っている人はサービスの幅広さに驚かれるはずです。ハイヤーのサービスが広がっていくのに連れて、現場のハイヤー乗務員に求められるものが増えています。的確で安全な運転技術は当然であり、語学力や接客スキル、さらに多彩なプランを企画する企画力も必要です。企画力はできるだけ幅広く、同じ企画でも複数の企画がスムーズにできなければなりませんし、そのために必要なのは普段からアンテナを張り巡らして情報を収集する能力です。現在の情報収集は主にインターネットからがほとんどであり、SNSや人気のホームページなどから収集することが多く、あらゆる記事や写真をチェックしなければなりません。もしかするとその情報すべてが正しくて良いものなのかは分からないため、正しい情報を選別できる力も必要でしょう。

ハイヤーは国内有名メーカーの最高級車が使われていることがほとんどです。外国の最高級車も一部導入されています。黒塗りの印象が強いと思われますが、それらの該当する車種がハイヤーに使われている車両です。会社によりますが、車両には制限人数があるので、大人数のときのためにミニバンやワゴンも所有しています。これらも黒塗りであることがほとんどなので、人目を引くでしょう。色だけではなく、常に美しく磨かれているので、大型車両も存在感があります。

主に利用されるシーンとしては、海外からのゲストによるものが半数以上です。観光客だけではなく、ビジネス利用も多いため接客スキルやビジネス用語も最低限度は理解しておかなくてはなりません。ゲストのタイプは全く会話をされない場合もありますが、話好きな人もいますし、ビジネスの話を振って来られる可能性もあります。また、日本の現状なども聞かれることがあるため、ニュースや最新の話題について無知でいるわけにもいかないでしょう。そう考えると、ホテルの接客よりもよりゲストに近い接客スキルが求められるように感じられます。このようにハイヤーの乗務員に求められている能力は幅広いものが必要であることから、乗務員ひとりひとりの努力だけでは対応できない部分も多々出てきます。それを補うのが会社の行う研修であり、意味のある研修が必要になるといえるでしょう。時代の移り変わりと共に研修内容も時代に合ったものが必要であり、会社内だけの対応では難しいものがあるため、その道の専門家を招いての研修にも力を入れています。

さらに、近年重要とされているのは、コロナ対策をはじめとした感染症防止対策です。収束するのが難しい感染症は、ウイルスが変異しながらより強力なものとなっています。これら感染症は今後種類が増えていくことも想定されます。その際にすべての行動を自粛オンリーで進めていくわけにはいかず、共存していくことが必要です。共存するために必要なことのひとつに徹底した感染症対策が挙げられます。ウイルスは見えないものだからこそ、徹底的なコロナ対策が必要であり、それを継続していかなければなりません。ハイヤーサービスは車両のコロナ対策はもちろんのこと、乗務員やゲストもコロナ対策が必要です。正しく恐れることが大切であり、感染しないようにマニュアル化された対策について順を追って実践していきます。ハイヤーはあらゆる方面から今できる最大限ともいえる対応や対策をしていき、それが利用されるゲストや企業に伝わることによって、高い信頼を得ることができれば、長く利用されると思われます。


INFORMATION

【2021年04月23日】 
ホームページを更新しました。